芸歴・履歴

PORTFOLIO

TOP > 芸歴・履歴

はじめに

 私が俳優を志したキッカケは、中学生時代、屋体で観劇した「ベニスの商人」のシャイロック役の河原崎長十郎氏の演技に圧倒されたからです。
 終戦後、役者になろうにも劇団も養成所もない小樽の町から東京を目指したのが俳優修業の始まりだった。もしあの時、劇団があったら・・・その思いが「劇団道」を創らせたのかもしれません。
 今は世界に!

北川 陽一郎
北海道俳優養成所 劇団道

北川 陽一郎
  • 本名  細川 隆一
  • 北海道小樽市生まれ(S9.3.20)
  • 潮陵高等学校 卒業
  • 日本大学芸術学部演劇学科入学 中退
     ※(株)東宝 帝国劇場専属劇団入団、東宝砧撮影所専属俳優
  • 〈株)エヌ、エー、シー専属
  • 札幌にNACタレントセンター札幌を開所、代表、主宰
  • 1980年12月 劇団道を創設
  • 2005年03月 NACタレントセンター札幌を「北海道俳優養成所/劇団道」に改称独立、現在に至る。
     ※(協組)日本俳優連合会員、東日本地区総代
  • 映像舞台委員

出演歴

東京(本名出演) 舞台-帝劇時代 芸者秀駒(初舞台)
赤い絨毯
蝶々夫人
明治太平記
映画-(東宝)砧時代 奴が殺人者だ
妻として女として
コタンの口笛
ゴジラの逆襲
江分利満氏の優雅な生活
太平洋の嵐
テレビ生放送時代
(本名 細川隆一で出演)
   
NHK 水色の時・医師役
日本テレビ 坊ちゃん
日本テレビ 人生劇場
日本テレビ/第1回芸術祭
白犬の化身役で出演
鬼の九右衛門(早川雪州氏と共演)
テレビ(VTR)
東京時代(芸名 北川陽一郎)
  氷点(松村事務長役)
初代シリーズ・準レギュラー 鬼平犯科帳(山崎国之進役)
獅子の時代
  太陽にほえろ!(父親、刑事など)
ウルトラマンA(ゲスト)
ロボット刑事(博士)
イナズマン(博士)
札幌移転後 HBC 東芝日曜劇場シリーズ(多数)
月曜ドラマスペシャル(多数)
HBC山田洋次特別企画 瓜二つ
NHK いい旅いい夢いい女
STV もう、呼ぶな海!
◎出演代表作 HBC制作 ★離婚保険
★遥かなる故郷(ユタ州ロケ)
CM ハローガス・歯舞こんぶ醤油
ラジオ-NHK札幌局 北海道ラジオ小劇場(多数)
FMラジオシアター(多数)
PV 室蘭の夜明け    など多数
ナレーション 函館の詩   など多数

劇団道(自主公演履歴)

1980/12 「森は生きている」 S・マルシャーク作 道新ホール
1980/12 「ベニスの商人」 W・シェイクスピア作 道新ホール
1982/01 「サイラス・マーナー」 G・エリオット作 道新ホール
1983/04 「あしながおじさん」 J・ウエブスター作 道新ホール
1984/04 第444回 札幌市民劇場「リア王」 W・シェイクスピア作 道新ホール
1985/12 創立5周年記念公演「あしながおじさん」 J・ウエブスター作 道新ホール
1989/09 創立10周年記念公演「逢い初め長屋騒動記」 北川共同作 サンプラザホール
1992/09 「2060年宇宙こども探検隊」 北川作 かでる2・7
1994/09 第8回 教文演劇フェスティバル「ベニスの商人」 W・シェイクスピア作 教育文化会館
1996/05 「子だぬきポンタの捕り物帳」 北川作 サンプラザホール
1998/12 第915回 札幌市民劇場参加公演「ふゆものがたり」 W・シェイクスピア作 教育文化会館
2001/12 「あしながおじさん」 再演 J・ウエブスター作 サンプラザホール
2003/11 「ウィンザーの陽気な女房たち」 初の東京公演 W・シェイクスピア作 エコー劇場
2006/04 第1126回札幌市民劇場「ウィンザーの陽気な女房たち」 W・シェイクスピア作 教育文化会館
2006/11 「ベニスの商人」札幌アートステージ2006実行委員会共催 W・シェイクスピア作 サンピアザ劇場
2008/11 「ハムレット」 W・シェイクスピア作 サンピアザ劇場
2013/02 「マクベス」 ※制作映像ページにて一部配信 W・シェイクスピア作

トップへ